Autodesk Construction Cloud Logo
製品
ソリューション
リソース

Autodesk Construction Cloud を選ぶ理由

1 回のログインで安全に連携できる新しいパワフルでシンプルなツール。Autodesk Build、Autodesk Takeoff、Autodesk BIM Collaborate および Autodesk Docs は、設計から運用までチーム、ワークフロー、データを連携します。

コラボレーションの本質

プロジェクト管理はプロジェクトの成功に欠かせませんが、従来型のプロジェクト管理ソリューションは現場とオフィス双方のニーズにうまく対応できていませんでした。

Autodesk Build では、最も人気の高い現場ソリューションの PlanGrid Build に柔軟なプロジェクト管理が統合されています。また、チームは正確な情報に基づいて作業できるように設定されます。質問が発生すると、それらのエスカレーション、調査、解決までスムーズに行われます。

建設ライフサイクルをつなぐ

新しい設計データを施工準備チームと建設チームが利用できるようになるまで多くのステップが必要です。ステップごとに時間がかかるため、連携が遅れ、現場で古い平面図が使われる可能性があります。

Autodesk Build を共通データ環境として利用すると、Autodesk Build に直接公開できます。Autodesk Docs の多彩で設定可能な承認ワークフローを使って、設計から引き渡しまで平面図とデータの精度を容易に確保できます。

2D と 3D に対応

プロジェクト チーム全体で使用する設計意図を変換するには、データを失わずに 2D ビューと 3D ビュー間でシームレスに変換できる機能が必要です。いずれか一方である必要はありません。

Autodesk Takeoff は 2D および 3D 数量拾いワークフローをサポートし、2 つのワークフローを簡単に切り替えることができます。

データを所有する

データはデジタル トランスフォーメーションの中心です。作成から配布、解析まで、データのつながりが深いほど、変化も促進される可能性があります。

Autodesk Construction Cloud は実用的な予測分析機能をネイティブに提供します。追加のコントロールが必要な場合は、データ コネクタを使ってプロジェクト データと自分が管理しているデータ ウェアハウスを簡単につなげることができます。

Autodesk Construction Cloud 製品を確認して連携させる

包括的な現場管理およびプロジェクト管理ソフトウェアには、建設業者向けの連携したツール セットが用意されています。

詳細を見る

一元管理されたドキュメント管理ソリューションにより、チームとプロジェクト ライフサイクル全体における信頼できる一元的な情報ソースが作成されます。

詳細を見る

単一のソリューションで、正確な 2D 数量拾いを行い、3D モデルから自動で数量を生成できます。

詳細を見る

プロジェクト チームとデータを連携して、リスクを低減し、品質を向上させ、予算とスケジュールの範囲内でプロジェクトを完了させることができます。

詳細を見る

Autodesk Construction Cloud でチーム、データ、ワークフローを連携