Autodesk Construction Cloud Logo
製品
ソリューション
リソース
価格

EBOOK

デジタル化により持続可能な未来を実現

APAC(アジア太平洋地域)で設計と製造(D&M)および建築、エンジニアリング、建設(AEC)の各業界を推進しているトレンド。

APACの国々は、持続可能性に対する取り組みを強化しています。2021 年、オートデスクは、D&M と AEC の業界に対する調査を Frost & Sullivan に委託しました。これにより、この地域で進行中の持続可能性に関する取り組みや投資、そしてオートデスクの現在地を明らかにしました。このレポートには、APACの 560 社からのインサイトが収集されました。 このeBook をダウンロードし、詳細をご覧ください。

持続可能な成果を出すための急速な進化

製品とサービスが進化し、資材の無駄の削減、廃棄物の削減や資源循環などに焦点が当てられるようになってきました。この傾向を維持するために、企業は R&D に投資する必要があります。

ビジョンを持つリーダーは持続可能な未来を目指す

調査対象企業の 65% は、そのリーダーシップ アプローチにおいて持続可能性を正式な戦略的ビジョンであると考え、21% は将来的な持続可能性を目指した戦略的アプローチをデザインすることを計画しています。回答者のうち、持続可能性は彼らのリーダーシップにとって優先順位が低いと考えている企業はわずか 1% です。

生き残りは持続可能性の重要な促進要因

規制、市場要因、投資家との関係、対競合優位性が、調査の対象となった企業全体で持続可能性の推進要因です。ただし、市場で生き残るためというのが、その中でも最大の要因です。